手描きで藍染め!オリジナルの生地ができるまで

新しい分野の藍染めに出会いました♪その名も「藍の絵の具」!

藍の絵の具を使って、手描きでオリジナルの生地作りに挑戦です!

 

このブログに出逢っていただき、ありがとうございます。

ママ大好き♡が続く未来のために!

「ないなら作ろう!お気に入りの服も想い出も」

お揃い子ども服 HUGsent -ハグセント-です。

 

ずっと藍染めには興味があって、オリジナルの生地が作れたら良いな〜と思っていました。

 

「藍を使って、好きな絵を描くことができるよ」と、以前声をかけてくださったことが印象的で、ずっとしたいな〜!と考えていたのが、

徳島で藍の魅力を発信されている「大丈夫ネコ」のYUKOさんが提供されている沈殿藍で染める藍染め。

https://daijyoubuneco.jimdofree.com/

「藍のクレヨン」や「藍の絵具」を販売されています。

ツナガルLIFEの運営者であるUSANETのさのはるかちゃんのご好意で、

徳島のいろいろをYouTubeで発信されている芸人 古谷健太さんの「こやけん阿波日和」に出演させていただくことになりました!

https://www.youtube.com/channel/UCuoF1neVZ7IUk1v1lF2yiQg

 

(撮影は緊張したけれど、めちゃめちゃ楽しかった!詳細はまた改めて、書かせていただきます♪)

 

すごい機会だから、いつか、、、と思っていた、オリジナルの生地を作ってみようと思い立ち、大丈夫ネコさんに連絡をしたのが始まりでした。

 

快諾をいただき、本来なら一緒にご出演いただきたかったのですが、日程が叶わず、残念…。

 

沈殿藍を購入させていただき、染め方を伝授いただきました!

紙に描くだけなら沈殿藍だけで良いそうですが、

今回は洗濯しても大丈夫な生地にするための方法。

 

まず、沈殿藍に炭酸ソーダとハイドロファイトを沈殿藍と同じかやや少ない暗いの分量を混ぜて、染料を作ります。

この染料を化学繊毛の筆で描いていきます。

大丈夫ネコのYUKOさんと♪

 

描き上がった生地が乾いたら、水で流します。

20〜30分程度、酢水に漬け込み、再度水で流して、陰干しします。

そうしてできたのが、こちら!

 

濃さによって、どの程度薄まるか実験してみました。

どの濃さも良い感じの色に仕上がりました!

白い生地を使う楽しみが増えましたよ〜。

YUKOさん、ご協力ありがとうございました!

色々なデザインを描いてみたいと思います♪

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です